街づくりブログ

スタッフのひとりごとやお得な物件情報などをお届けします。

分かりにくい住宅ローン控除の期限を解説!

今、住宅を購入した方には住宅ローン控除(減税)という税制優遇が受けられます。(※諸条件あり)

住宅ローン控除の期限と内容は、改正や延期を繰り返し、複雑になっていますので、上図にまとめてみました。

住宅ローン控除の現行制度には、基本部分と特例部分があり、それぞれの適用期限・条件が変わります。

 

今回のブログでは、期限に絞って解説します。

 

①基本部分について

 

住宅ローンの年末残高×1%×10年間 となっており、一般住宅の場合は年間40万円、長期優良住宅の場合は年間50万円が上限となっています。

この基本部分の適用期限は2022年12月31日までに居住の用に供すること(入居)が条件となります。

 

ただし、2022年以降は、先般のブログで記載した「逆ザヤ」問題のため、控除額や控除率の見直しが懸念されます。

どのタイミングで見直しが行われるか、まだわかりませんが現行住宅ローン控除を受けるなら、2021年中の入居を目指しても良いかもしれません。

 

②特例措置について

 

消費税増税の対策としてスタートした特例措置ですが、コロナなどの影響により延期につぐ延期となりました。

 

内容は、

I 住宅ローンの年末残高×1%

II 建物価格×2%/3

I・IIのどちらか小さい方が1年あたりの控除額となり、控除期間は3年間となります。

 

この特例措置の期限は、

 

【新築住宅の場合】

2021年9月末までの“契約”

 

【マンション・中古住宅の場合】

2021年11月末までの“契約”

 

を行った上で、2022年12月末までに“入居”することが条件となります。

 

《結論》

 

住宅ローン控除の現行制度を特例も含めて受けることができるのは、

 

【新築住宅の場合】

2021年9月末までに契約のうえ、2021年12月末日までに入居

【マンション・中古住宅の場合】

2021年11月末までに契約のうえ、2021年12月末日までの入居

 

というのが、安全策になります。

 

当然、注文住宅や未完成物件でご検討の方は、さらに早い動き出しが必要になります。

 

住宅ローン控除の期限について、みなさまのご理解の一助になれば幸いです。

 

※上記期間以降も税制によっては現行制度が受けられる場合があります

※住宅ローン控除を受けるためには期間条件の他にも各条件があります

税制のご確認は税務署又は税理士の方など有資格者の方にご相談ください

※その他、政策などにより制度内容が変更になる場合があります

※参考「国税庁ホームページ」

「マイホーム検討中の方必見! 2021年の住宅ローン減税の変更点や新制度を解説」

 

 

一戸建て住宅が見直されてる?

今、コロナウイルスの感染拡大の影響が長引いている中で、「外出の自粛」「学校等の休校」「在宅ワーク」など自宅で過ごす時間が増えて「ライフスタイル」が変わってきていると言われています。

 

そこで、重要となるのは「自宅の環境整備」ではないでしょうか?

特に「スペース」を確保することに、苦労をされている方も多いと聞いております。

床面積のあまり広くないマンションやアパートなどでは、夫婦ともに在宅勤務で子どもたちも休校となれば、限られた空間で各個人の場所を確保する事に苦労しているそうですね。。。

 

ちなみに国土交通省の調査では、2018年住宅取得をした人たちの床面積平均は。。。

分譲マンション:75.8㎡ 分譲住宅戸建て:110.3㎡だそうで、その違いは34.5㎡にもなるんです。

34.5㎡ってわかりやすく言うと、約20畳にもなるんです。。。結構な広さだと思いませんか?

 

マンションは「駅から近い」や「セキュリティー面で戸建てより優れている」などと言われていますよね。でも、最近の一戸建ての建物も防犯性は良くなっていますし、在宅勤務が多くなるような「生活様式」に変わっていくとしたら、そもそも会社に出社することが少なくなってくるので、もしかしたら駅に近い事が住宅購入の優先順位も変わってくるのではないでしょうか?

 

それより、面積に余裕のある一戸建てで家族みんなの空間を確保して快適な「自宅時間」を作って、趣味なども含め「自分時間・家族時間」を有効に過ごす事を考えてみるのもいいと思います。

 

最後に、戸建て住宅ではマンションのように基本的には共有部分がありませんので、家族以外の方との接触の機会も減らす事が出来ると思いますし、家族内で感染者が出た際の「ゾーニング」もしやすいと思います。

(2階建ての場合、トイレが2か所あったり、1階と2階でのゾーニングも可能です)

更に、自然換気に関しても一戸建ての方が効果的に出来るんですよ!(マンションなどはベランダ側と玄関側のみの開口が多いので自然換気は少し難しいと思います)

 

 

当社も5月末で戸建て住宅の完成物件も増えました、見学も出来るよう対策やイメージが沸きやすい「モデルハウス」もご用意させていただいております、ご案内については「完全予約制」とさせてただいておりますので、ホームページのフォーム若しくは、お電話でお問合せください。

 

「ロマンティア鶴瀬(つるせ台)」(公園、徒歩2分など住環境バッチリモデルハウス)

 

「フラワーフィルみずほ台(水子)」(2階リビングの眺望が楽しめるモデルハウス)

 

「グレイティア上福岡(鶴ケ岡Ⅱ)」(区画がきれいで閑静な住宅街の中のモデルハウス)

 

「ホワイトシリーズ針ヶ谷」(1LLDKの新発想モデルハウス)

※ご来場ご希望の際は来場予約をお願いいたします。

嫌な季節の到来ですね。。。

先日、関東もとうとう梅雨に入ってしまいましたね。。。

入った途端、昼間は暑く夜も蒸し暑い。。。

寝苦しく寝不足になっている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

実は、私もその一人で体調を崩しそうで怖いです。皆さまも体調管理などには、十分お気をつけください。

さて、そんな時はやはりエアコンが活躍してくれます!

ただし、どんなに性能がいいエアコンを使っても建物の断熱がよくないとエアコンの効率も良くありませんし、電気代が高くついたりするので結局使用を控えちゃったりして。。。(夜中に起きちゃう。。。)

でも、近藤不動産の建物は断熱材が「吹付断熱」を使用して断熱性能が高いんです!

モコモコ泡のように現地で施工をするので隙間が本当に無い感じです、更にサッシのガラスにも断熱や遮熱に優れた商品を採用しています。

「びっくりするくらいエアコンの効きがいいんですよ~」(ご入居様の感想より)

 

モデルハウスではLDKに一台エアコンを設置して家全体を快適にしています。実は、モデルハウスの中には「吹き抜け」があったりする物件もあります!一度、モデルハウスで実際に体感してみてください!

(現在は、コロナウイルス感染拡大防止の為に換気を多くしている為、若干暖かいかもしれませんが。。。)

それでは、皆さま体調を崩さないようお気を付けてお過ごしください!

 

エアコン設置のモデルハウス(家具なども配置してあるのでイメージも出来ます)

 

「ロマンティア鶴瀬(つるせ台)」(公園、徒歩2分など住環境バッチリモデルハウス)

 

「フラワーフィルみずほ台(水子)」(2階リビングの眺望が楽しめるモデルハウス)

 

「グレイティア上福岡(鶴ケ岡Ⅱ)」(区画がきれいで閑静な住宅街の中のモデルハウス)

 

「ホワイトシリーズ針ヶ谷」(1LLDKの新発想モデルハウス)

※ご来場ご希望の際は来場予約をお願いいたします。

« PREV
NEXT »